おばの家で自慰した経験

池袋にはおばあちゃんが住んでいてよく遊びに行っていました。
子どもの頃ですが、よく柿の木の実を割って食べたのを覚えています。

そんな子どもの頃の私はもう既に20代になってしまいました。
28歳ぐらいの時に一度仕事でブランクがあったので、池袋のおばあちゃんの家に行きました。

こちらは「おばあちゃん」と呼んでいますが、相手は未だに下の名前で呼びます。
結構あることだから気にしないでいいだろうと思っていました。

夜寝るときに寂しいのでエロ本を持ってきたのですが、ゆさゆさと音がするので
おばあちゃんが起きてきて、こっそり部屋を覗かれていました。

かなりショックだったようで、自分もショックでした・・・
そこで、プールに遊びに行ってくると言って池袋のオナクラに行きました。

そこではかなり可愛い娘が揃っていて自分の自慰を見て興奮するのに躍起でした。
そんなこんなで、オナクラを利用して処理を済ませたので、なんとかブランクの休日を無事に過ごせました。

ちなみに、家は木造だったので、少しでも自慰の音が響いていたとは知りませんでした。
たぶん、これで最後かなと思うとちょっと悲しいですね・・・

加えて年齢のせいなのか、罪悪感が長く残ったのは精神的にダウンしましたね。

池袋オナクラ 池袋初っ娘

オナクラに行ってみよう

風俗でオナクラが有る地域は、地方では今は殆ど無く一時期地方でもちょっとしたブームでしたが、現在は全くなくなっていますが、どういうわけか東京の激戦区の池袋にはまだオナクラの店舗が営業しています。

インターネットの風俗情報誌などでもオナクラの店舗を探すと池袋にしか無く都内で独占営業しています。

男の中には、直接女の子に触れる事よりも眺めている方が良いと言われるフェッチ系の方達から好まれて居る様ですね、一般的な男性からすると女の子が自分でオナニーをしている姿を、眺めていても何の魅力も感じられなくなって居るので、丁度二十数年前にエマニエル婦人が映画で公開された頃は、新鮮でインモラルとオナニーシーンが魅力的でしたが、あれ以降日本でも性風俗の有り方が年々変化を続けてきた事と、性生活に対して開放的になり性風俗も発展的な営業をし続けていますし、小学校高額年から中学生に入ればセックスの経験者も出てきている時代にもなっているので、女の子のオナニーを眺めて満足できる男は少ないのですが、時にはオナクラを覗いてみるのも良いのではないかと思います。

新たな魅力を感じるかも知れませんし、サービスも手コキからリップサービスも増えているかもしれませんからね。

女性のクオリティの高いオナクラ

gqqreerrhtg

女性が風俗でお仕事をする時に、「やっぱり男性に触れるというのが苦手かも」という方は結構います。でもお金は欲しいという、その気持ちの間で揺れ動いている女性がまず行く風俗店が「オナクラ」です。
これは男性がオナニーをしている姿を女性に見てもらう(オプションで手伝いをしてもらう)という形式のお店です。
このオナクラの特長は女性のクオリティが非常に高いということです。性的サービスがしっかり行われるヘルスなどに比べると、非常にライトなお店であることから、可愛い女性が集まりやすいという傾向があるのです。
そこから、性風俗のよさを知ってヘルス系に行く女性もいますし、オナクラだけでずっとお仕事をして行くという女性もいます。
やはり可愛い女の子に自分がしている所を見られるのは興奮するものですから、こうしたオナクラは都内にもたくさんできています。
池袋だけでも複数のお店がありますから、仕事帰りに少し疲れたということでお店で遊びたいという男性が、「ソープとかだと石鹸のにおいがついてしまう」ということで少し躊躇する場合があるかと思いますが、
オナクラであれば、こうしたトラブルが全く起こりませんので、カンタンかつ確実にすっきりして家に帰ることができるわけです。